loading

仕事・技術

電気設備設計・積算業務

電気設備工事の設計業務

電気設備工事の設計業務は、受注した電気設備工事について、設計事務所からの依頼で配線図などの設計図面を作成します。
例えば、設計事務所が設計図を作成後、必要な照度を満たしているか確認をします。
事務所の机の上で必要な照度、体育館で運動するために必要な照度など、法で定められた照度が確保されるよう配線や電気機器設計図を作成します。

電気設備工事の積算業務

積算業務は、主に設計事務所からの依頼で設計図から電気工事に関わる予算を計上します。
適正な電気機器の数量や機能、性能などを図面から拾い出し、工事に必要な人件費を含め、予算を立てます。
公共工事の場合には、この積算による見積額により入札を行ないます。

消防施設工事の設計・積算

消防署や防災センターなど消防施設工事及び点検業務を行なうためには、消防用設備の技能の知識や技能の習得が義務付けられており、消防設備士(甲種・乙種)の資格が必要となります。

採用情報Recruitment

必要としている人材

あきらめずに努力する意欲あふれる人を待っています!

電気工事に必要な資格

電気工事に必要な資格を説明します。

研修や講習について

資格取得や 技術向上を支援するため、研修・講習制度にはとくに力を入れています。

募集要項・スケジュール

募集要項と、エントリーから入社までのスケジュールになります。

先輩の声

先輩たちの声を紹介します。
一人ひとりが仕事に対する想いや夢を語り、就職活動をする皆様にメッセージを送ります。

採用に関するFAQ

採用に関すること、入社してからのこともQ&A方式でお答え致します。